介護士・看護師求人情報

島根県 介護の取り組み

  • 介護サービス提供体制の現状

    介護保険制度の実施状況

    介護サービスの基盤整備を計画的に推進した結果、居宅サービス、施設サービスともに、その提供基盤は着実に充実してきました。

    主な居宅サービス事業者の参入状況
    H12.4.1(事業所)H23.4.1(事業所)増加率(%)
    訪問介護120190158.3
    訪問看護 5555100.0
    通所介護113257 227.4
    通所リハ4451115.9
    認知症対応型共同生活介護111151,045.5
    小規模多機能型居宅介護 47

    介護士・看護師求人情報

    島根県介護計画の基本目標

    これまでの高齢者福祉の推進状況を評価・分析し、今後の福祉施策に関して目指すべき基本目標を、次のとおり設定します。

    介護予防の推進

    高齢者ができる限り要介護状態とならないための予防の取組や自立支援をめざしたサービスの提供により、介護予防の効果的な推進を図る。

    ⇒①効果的な介護予防の推進
    ②地域包括支援センターの機能強化

    サービス基盤の計画的な整備

    介護等を必要とする高齢者の状態や利用希望に適切に対応できるよう、今後3年間の介護保険サービス等の供給目標量を定め、計画的に整備していく。

    ⇒①介護保険対象サービスの基盤整備の推進
    ②老人福祉 ( 介護保険対象外 ) サービスの基盤整備の推進

    介護保険サービスの質の確保

    サービスを利用することによって、要介護状態の維持・軽減を図り、日常生活の自立支援に資するようサービスの質を確保する。

    ⇒①サービス評価の推進
    ②居宅サービスの質の向上
    ③施設サービスの質の向上
    ④特定施設等及び地域密着型サービスの質の向上
    ⑤ケアマネジメントの質の向上
    ⑥介護サービス情報の公表

    介護給付等の適正化

    介護保険サービスの不適正なサービス提供や不正なサービス利用等がないよう、介護給付の適正化に取り組む。

    ⇒①介護給付等に要する費用の適正化

ホームヘルパー・ケアマネージャーてどんなお仕事?

ホームヘルパーとケアマネージャーは、どちらも介護・福祉業界の仕事です。

介護保険法によって介護が必要になった方に、介護サービスプランを作成し、適したサービスを受けられるよう取りまとめるのがケアマネージャー(介護支援専門員)であり、職に就くには実務経験を経た上で都道府県の実施する試験に合格する必要があります。

一方ホームヘルパーは、そのケアマネージャーの作成したサービスプランを実行する仕事。訪問介護を行ったり、施設での介助をします。これまでは講座を受講することで資格を得ることができましたが、2013年度より講座受講後の筆記試験が必須となりました。

介護士・看護師求人情報

他では見られない案件

ケアマネージャー求人は、ハローワークの求人情報でも探すことが出来ますが手間や時間などがかかります。

特に、仕事をしていると時間が取りにくく、求人情報を見つけるのも難しいです。

そこで、活用したいのがハローワーク以外でケアマネージャーの求人を専門に扱っている人材紹介サイトです。

人材紹介サイトでは、スムーズに転職や就職が出来るように、面接日の調整や条件の交渉など、コンサルタントが行ってくれて、求人先の現場の雰囲気も教えてくれるので安心して就職が出来ます。

また、通常の求人情報では見つけにくい、高い給料や昇給など好待遇の求人や経験を活かせるオープニング求人などの非公開求人も多く、希望にあった求人を見つけることが出来ます。

ハローワークにはない細かいサービスで理想の転職をサポートしてくれます。

新規オープンの介護施設や事務所の仕事、主任クラス以上などの少ない求人など他では見られない案件も多くあります。

そして、登録やサービスを利用するのは無料です。

手数料などの費用はかからないので、無理なく利用出来ます。

介護士・看護師求人情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士・看護師求人地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ