介護士・看護師求人情報

佐賀県 介護の取り組み

  • 佐賀県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    代替職員の確保等による研修機会の確保

    ○研修代替要員の確保支援(小規模事業所の介護職員の研修受講を促進するとともに、新たな介護人材を1年間介護現場で経験させる場を提供)【基金】

    ⇒●年間20事業所での実施。雇用終了後も介護職員として雇用を継続。

    小規模事業所の協働による研修支援

    ○研修代替要員の確保支援(小規模事業所の介護職員の研修受講を促進するとともに、新たな介護人材を1年間介護現場で経験させる場を提供)【基金】

    ⇒●年間20事業所での実施。雇用終了後も介護職員として雇用を継続。

    雇用管理改善の推進 (介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ○管理者等に対する雇用管理改善方策普及・啓発事業(事業所の経営者や施設管理者、環境改善の担当者向けに、労務関係法規やOJTの手法など経営に必要な知識の習得、労務管理・雇用管理の問題の把握と改善に向けた対策を講じる手法習得)【基金】

    ⇒●研修参加者:540名

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○明るい職場づくり推進事業(介護従事者のための相談窓口の設置、合同面接会・相談会の実施)【基金】

    ⇒●面接会・相談会の来場者数:350名

    介護士・看護師求人情報

    佐賀県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○キャリアップ研修支援(介護福祉士リーダー向け、介護支援専門員指導者向け、医療行為を自資する事業所の介護職員向け、新人・中堅職員向け、認知症介護従事者向け)【基金】
    ○認知症ケアに携わる人材のための研修(認知症対応型サービス管理者向け研修の実施、認知症初期集中支援チーム員・認知症地域支援推進員養成研修支援))【基金】

    ⇒●研修受講により、介護職員のキャリアップを支援することで、離職防止につなげる。
    ●県内の認知症ケアの質の向上。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○潜在的介護福祉士等の再就業促進(介護関係資格取得研修修了者を対象とした動向調査、介護福祉士等の有資格者に対する再就労のための研修)【基金】
    ○地域包括支援センター機能強化推進(包括職員向け研修、包括機能強化検討会の開催) 【基金】
    ○在宅医療・介護連携推進委員会及び多職種研修事業【基金】
    ○生活支援コーディネーター養成研修【基金】

    ⇒●機能強化研修受講者:50人
    ●多職種研修受講者:150人
    ●コーディネーター養成数:22人

求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

介護士・看護師求人情報

精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)

介護士・看護師求人情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護士・看護師求人地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ