介護士・看護師求人情報

奈良県 介護の取り組み

  • 奈良県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○福祉人材センターの紹介による新規入職者の定着状況の追跡調査及び、離職者にはその離職理由を把握するための追跡調査を実施するとともに、必要に応じて社会保険労務士等の専門家を事業所に派遣することにより、就労環境改善の支援を行う。【基金】

    奈良県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○喀痰吸引等の業務を行う介護職員等に対する研修を実施【基金】
    ○市町村配置の認知症初期集中支援チーム員及び認知症地域支援推進員養成研修を実施【基金】
    ○かかりつけ医認知症対応力向上研修、認知症サポート医養成、認知症サポート医フォローアップ研修の実施
    ○生活支援コーディネータ養成研修の実施

    介護士・看護師求人情報

    福祉・介護事業所取り組み

    事業目的

    人手不足と言われている福祉業界で、福祉・介護人材の確保、事業所のよりよい環境づくりを構築する為に、県内の福祉・介護事業所の仕事内容や先駆的取り組み事例などをホームページの動画等で紹介。

    ・学生や一般県民に対して:
    福祉・介護の仕事を正しく知ってもらうことにより、福祉・介護職への参入促進を図る。

    ・福祉・介護事業所に対して:
    他事業所の事例を参考にしてもらうことにより、事業所サービスの質の向上を図る。

    ホームページについて

    県サーバー内に新たなホームページを立ち上げて、今回作成する動画の掲載や介護・福祉人材の確保に関する様々な情報を発信する。

    動画について

    福祉・介護の仕事について全体像を知ってもらうとともに、福祉・介護事業所における先駆的な取り組み等をしている事業所を取材し、その紹介動画を作成する。(約 5 分×5 本)

求人情報からは介護施設の雰囲気までは分からない!

残念ながら、あたながどれだけ意欲を持っていても、法人や施設・事業所の理念や運営の在り方に不満があれば、働き甲斐は感じられません。あなたの能力も発揮しにくくなります。

ハローワークの求人情報から、どれだけの内容が分かるでしょうか。
あなたの希望条件が、スタッフの人柄、施設の雰囲気、施設長がスタッフをどれだけ大事にしているか、などなら、求人情報から読み取ることができません。
唯一、面接をするときのわずかな時間でのみ、わずかな情報を入手できます。
ですが、面接の前に知っておきたいですよね。

今は求人情報は、アルバイトサイトや転職サイトにたくさん掲載されています。そこで自分で検索しても、やはり施設の雰囲気を読み取るのは難しいです。
そんな時は、介護業界で長年転職やパート・アルバイトのサポートをしている、パート勤務のプロに相談してみるのが一番早く、適切な情報が入ってきます。また、求人情報だけでなく、面接の指導や、就職後のフォローまでしてくれます。

介護士・看護師求人情報

計画作成担当者の勤務先

計画作成担当者 とは

【仕事の内容】
施設サービスの中で、本人の希望を交えて、サービスを組み立て、現場業務を通じてモニタリングをするお仕事

①施設サービスの計画をたてる(自施設利用者の介護計画を作る)
②利用者・家族⇔施設スタッフの調整を行う
③提供するサービスの観察、調整を行う
④家族・かかりつけ医と連携を取り、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
有料老人ホーム・グループホーム(GH)

【必要な資格】
介護支援専門員
※GHの場合は「認知症介護実践者研修」終了者であることが必須です。

介護士・看護師求人情報

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士・看護師求人地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ