ならふくじゅ荘の概要

         
郵便番号 〒632-0001
住所 奈良県天理市中之庄町493-1
電話番号 0743-65-1777
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。
介護士・看護師求人情報

天理市 介護の取り組み

  • 奈良県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○県内の福祉・介護事業所の先駆的な取り組みをしている事業所を紹介する動画及びホームページを作成【基金】
    ○中学生、高校生に対し、福祉施設・事業所の職員が福祉・介護の仕事の魅力・やりがい等を伝えるセミナーの実施【基金】

    ⇒●セミナーの参加者 年間200名以上

    その他の「参入促進」の取組

    ○学生等に対し、施設・事業所等の見学、利用者や事業所職員との交流の実施【基金】
    ○学生等に対し、施設・事業所等に派遣し、職場体験を実施【基金】

    ⇒●就業希望者40名以上の参加
    ●就業希望者150名以上の参加

    介護士・看護師求人情報

    福祉・介護事業所取り組み

    事業目的

    人手不足と言われている福祉業界で、福祉・介護人材の確保、事業所のよりよい環境づくりを構築する為に、県内の福祉・介護事業所の仕事内容や先駆的取り組み事例などをホームページの動画等で紹介。

    ・学生や一般県民に対して:
    福祉・介護の仕事を正しく知ってもらうことにより、福祉・介護職への参入促進を図る。

    ・福祉・介護事業所に対して:
    他事業所の事例を参考にしてもらうことにより、事業所サービスの質の向上を図る。

    ホームページについて

    県サーバー内に新たなホームページを立ち上げて、今回作成する動画の掲載や介護・福祉人材の確保に関する様々な情報を発信する。

    動画について

    福祉・介護の仕事について全体像を知ってもらうとともに、福祉・介護事業所における先駆的な取り組み等をしている事業所を取材し、その紹介動画を作成する。(約 5 分×5 本)

介護業界への転職・就職を決めた理由は?

まず、あなたの気持ちを整理しましょう。
介護業界への転職を決めた理由はなんでしょうか。それが新しい転職先を探すための大事なポイントになります。

「仕事へのやりがい」これが理由の方がたくさんいらっしゃると思います。



財団法人介護労働安定センターが実施した、平成 22年度の「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」では、介護職への就職を決めた理由として、「働き甲斐のある仕事だと思ったから」という理由が一番多くあがっています。

また、現在の仕事の満足度アンケートでは「仕事の内容・やりがい」が 52.8% で1番多くなっています。「人や社会の役に立ちたいから」、「お年寄りが好きだから」も多い回答でした。

介護の道へ進む方は、「仕事内容とそのやりがい」が重要で、「それが人の役に立っていることが喜び」という優しさと愛情を持った方が多いですね。

介護士・看護師求人情報

生活相談員・営業関係職のお仕事

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

生活相談員・営業関係職

介護業界での営業関係職は、介護事業、施設運営、事業所などを側面からバックアップ、サポートする役割を担っています。営業の具体的な仕事内容には、入居者の獲得はもちろん、内外の情報収集、顧客情報の管理などをベースに今後の展開と目標を組織的、計画的に実施していく業務などがあります。

また、介護事業の中で社会福祉主事、社会福祉士のどちらかを取得している者は生活相談員になることができます。生活相談員は、援助相談員とも呼ばれており、利用者とその家族との面談や面接、連動する機関との連絡や調整、入居者、利用者の生活面でのお手伝いまでその仕事は広範囲に及びます。

介護士・看護師求人情報

無資格未経験でもハードルが低い職場は?

無資格未経験でも受け入れてもらいやすい職場もある!

無資格未経験OK!初心者歓迎!受け入れてもらいやすい職場であれば、「デイサービス」や「グループホーム」がおすすめです。

※デイサービス(通所介護)は昼間に日帰りで受けられる介護サービスのことです。
※グループホームは5~9人のユニット単位で互いに役割を分担しながら、生活をします。比較的軽度の認知症高齢者が利用しています。

デイサービス(デイケア)では基本的に夜勤がありません。
認知症の利用者も受入れがあるので、そういったところでは大変ではありますが、寝たきりの人への対応がないため身体的介護が少なく体力的な負担は少ないです。
また、残業もほとんどないという職場が多いです。

施設というより「家」のような感覚なので利用者にとっても介護士にとっても自宅にいるような感覚で過ごせます。

ただ、レクリエーション等で人前で1人で明るく話さないといけない場面があります。
やっているうちに慣れてくる人がほとんどですが、あがり症の方には少し大変かもしれません。

グループホームは夜勤こそありますが、認知症も軽度ですしグループ単位で過ごすため利用者の把握がしやすく密接な介護ができます。

ただ、施設によっては仕事がきつい、介護職員もグループになって動くために人間関係に悩む人も多いようです。

事前に雰囲気を見学したり、介護専門求人サイトを利用して就業後もサポートしてもらうような体制をとっておくと安心でしょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設

このページの先頭へ