デイサービスセンターいかるがの郷の概要

         
郵便番号 〒636-0152
住所 奈良県生駒郡斑鳩町龍田2丁目1-12
電話番号 0120-756315
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。
介護士・看護師求人情報

生駒郡 介護の取り組み

  • 奈良県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○福祉人材センターの紹介による新規入職者の定着状況の追跡調査及び、離職者にはその離職理由を把握するための追跡調査を実施するとともに、必要に応じて社会保険労務士等の専門家を事業所に派遣することにより、就労環境改善の支援を行う。【基金】

    奈良県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○喀痰吸引等の業務を行う介護職員等に対する研修を実施【基金】
    ○市町村配置の認知症初期集中支援チーム員及び認知症地域支援推進員養成研修を実施【基金】
    ○かかりつけ医認知症対応力向上研修、認知症サポート医養成、認知症サポート医フォローアップ研修の実施
    ○生活支援コーディネータ養成研修の実施

    介護士・看護師求人情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

高待遇の求人情報

介護施設転職情報の中でも条件のいい高待遇の求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。
カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報が入手できます!



介護福祉施設では特に人材不足で売り手市場が続いています。

例えば、

●介護施設の現場で働きたい。

●訪問介護の求人を探している。

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●サービス付き高齢者向け住宅で働きたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●ホームヘルパーの仕事がしたい。

●夏期休暇が有る施設に勤めたい。

●契約社員で介護の仕事がしたい。

●デイサービスの求人を探している。

●小さい子供がいるので日勤のみを希望。

●駐車場完備で車通勤のできる施設に勤務したい。

●ケアマネージャーのキャリアを活かしたい。

●研修制度のしっかりした施設でスキルアップしたい。

●土日休みの施設に転職したい。


他にもあなたの希望があると思います。

条件にあった就職をお考えなら、求人情報の詳細を是非確認してみてくださいね。

介護士・看護師求人情報

高齢化が進み将来性のある仕事です。

日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

そういう状況なので、ホームヘルパーの求人の割合は他の業種とくらべると高いです。

また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

老人福祉施設や居宅支援事業所ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

それだけ需要があり、必要とされています。

都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

しかし、ほかの業種よりもはるかにホームヘルパー求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

介護士・看護師求人情報

こんな時は無料サポートがオススメ

  • 未経験だけど介護の仕事を始めたい
  • 初心者だけど希望どおりの転職がしたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 少しでも給与アップを狙いたい
  • 休日や定時後にしっかりプライベートな時間を確保したい
  • 今の職場を円満退職できるかどうか心配

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設

このページの先頭へ