社会福祉法人万葉福祉会/万葉苑デイサービスセンターの概要

         
郵便番号 〒630-8202
住所 奈良県奈良市川上町875-1
電話番号 0742-95-5617
施設形態 ケアハウス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。
介護士・看護師求人情報

奈良市 介護の取り組み

  • 奈良県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ○福祉人材センターの紹介による新規入職者の定着状況の追跡調査及び、離職者にはその離職理由を把握するための追跡調査を実施するとともに、必要に応じて社会保険労務士等の専門家を事業所に派遣することにより、就労環境改善の支援を行う。【基金】

    奈良県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○喀痰吸引等の業務を行う介護職員等に対する研修を実施【基金】
    ○市町村配置の認知症初期集中支援チーム員及び認知症地域支援推進員養成研修を実施【基金】
    ○かかりつけ医認知症対応力向上研修、認知症サポート医養成、認知症サポート医フォローアップ研修の実施
    ○生活支援コーディネータ養成研修の実施

    介護士・看護師求人情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーをはじめとする介護職員という仕事は、困っている多くの人から本当に必要とされている重要なお仕事です。
「介護職員処遇改善加算」が導入されたことで、介護業界の大手企業を皮切りに介護職員の給与アップや待遇を見直す動きが加速しています。
転職先での給与アップやキャリアアップは現実的なお話です。
あなたらしく、やりがいをもって働ける職場とめぐり逢えるといいですね。

介護士・看護師求人情報

ケアマネージャーの資格をお持ちなら

将来、きっとお世話になる老人介護施設や、介護の認定などに携わる重要な仕事のケアマネージャーの資格をお持ちなら、ケアマネージャーの求人で仕事を探しませんか。

人材不足が懸念されている状況で、多くの居宅介護支援事業所で、ケアマネージャーの増員を図っています。

利用者様の都合に合わせて動くから、土日がお休み、残業なしはなかなか難しい仕事ですが、極力、都合に合わせてくれる事業所もあるから、ケアマネージャー求人を探すなら都道府県別の施設で検索してください。

一人では不安だというなら、複数人が在籍する事業所のケアマネージャーの求人を探すこともできるから安心です。

せっかく就職した先では、長く勤めたいのは誰しも思うものです。

面接時に、しっかり話を聞いて、自分の希望も伝えておきましょう。

後で言っておけばよかったと思うのは遅いので、自分の希望は事業所に伝えておくべきです。

都道府県別でケアマネージャーの求人が探しやすいから、働きたい地域がきっとみつかります。

介護士・看護師求人情報

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?

検索数の多い介護施設

このページの先頭へ