介護士・看護師求人情報

長野県 介護の取り組み

  • 長野県の高齢者福祉の現状

    1)要介護(要支援)の状況
    (1)要介護(要支援)認定者数の推移
    長野県の要介護認定者数(第1号被保険者)は108,292人(平成26年10月)で、年々増加傾向にあります。また、第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合(認定率)は17.6%となっています。
    長野県の認定率を全国と比較すると、平成19年・20年頃は全国と同程度であったものが、近年は全国より0.4ポイント程度低い水準で推移しています。

    (2)要介護(要支援)認定者の要介護度別分布状況
    要介護度別の分布状況では、全国に比べて要支援の割合は低く、要介護1 ~ 5の割合が高くなっています。

    2)居宅での主な介護者
    居宅での主な介護者は、年齢が65歳以上の割合が半数にまで近づいてきており、老々介護が増えています。
    要介護(要支援)者との関係性では、「子の配偶者」が減少している一方で、「子」は増加傾向にあります。

    3)介護サービスの利用状況
    (1)介護サービスごとの利用者
    本県の介護サービス(予防を含む)の利用者数を見ると、「居宅サービス」が約7割強と最も多く、次いで、「特養」「地域密着型」「老健」の順となっています。平成23年からの増加率を見ると、居宅サービス(11.0%増)、地域密着型サービス(30.0%増)は利用者数が大きく増加していますが、施設サービス(特養、老健、療養型)は6.0%程度の増加となっています。

    (2)居宅サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める居宅サービス利用者の割合を見ると、「訪問介護」のみ全国水準を下回っていますが、それ以外のサービスでは、全国水準を上回っています。

    (3)地域密着型サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める地域密着型サービス利用者の割合では、「地域密着型特定施設入居者生活介護」において全国水準を大きく上回っています。
    逆に「認知症対応型共同生活介護」においてわずかに全国水準を下回っています。

    (4)施設・居住系サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める施設・居住系サービス利用者の割合では、介護福祉施設及び介護保健施設が、全国に比べ利用者が多く、逆に特定施設入居者生活介護がやや少なくなっています。

    (5)介護予防サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める介護予防サービス利用者の割合では、「介護予防福祉用具貸与」「介護予防通所介護」において全国水準を上回っていますが、「介護予防訪問介護」では全国水準を大きく下回っています。

    4)介護サービス提供事業者
    介護サービス事業者は、介護保険制度がスタートした当初は4,755事業所(平成12年4月)でしたが、平成23年(4月1日)には7,125事業所、平成26年(4月1日)現在では、7,702事業所がサービスを提供しており、その数は増加しています。

    5)介護サービス及び高齢者福祉サービス基盤
    施設・居住系サービスにおける介護老人福祉施設や特定施設入居者生活介護の整備については、一部の施設において、第5期の整備目標を下回っています。

    介護士・看護師求人情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

たくさんの介護施設で転職求人の募集があります

人材不足・売り手市場の今だからこそ、希望の転職ができる可能性は高いです。

好条件・高待遇の介護施設での求人募集はやはり人気で、転職サービスの登録者はいち早く情報をキャッチし、適切なサポートを受けながら採用を勝ち取っています。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!

介護士・看護師求人情報

サービス提供責任者の勤務先

サービス提供責任者 とは

【仕事の内容】
在宅において、その方に適切な介護提供が行われているかどうかコーディネートするお仕事

①利用申込の受付・契約に関する相談、調整など
②介護支援専門員の作成したケアプランに基づいて「訪問の計画」を作る
③利用者&家族⇔ヘルパーの調整・管理を行う
④訪問ヘルパーを取りまとめる など

【勤務場所】
訪問介護事業所

【必要な資格】
介護福祉士(国家資格)・実務者研修修了者(厚労省の認定資格)・保健師(国家資格)・看護師(国家資格)・旧介護職員基礎研修(厚労省の認定資格)・旧ヘルパー1級(民間資格) など

介護士・看護師求人情報

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士・看護師求人地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ