介護士・看護師求人情報

宮城県 介護の取り組み

  • 宮城県介護人材確保協議会について

    介護の背景と課題

    宮城県の介護人材確保について(宮城県介護人材確保協議会)
    宮城県では,団塊の世代が全員後期高齢者となり介護需要が増大する2025年を見据えて,介護人材確保に向けた取組を実施しています。

    1.協議会の概要

    ○設置日:平成26年6月3日設置
    ○構成員名簿
    ・(公財)介護労働安定センター宮城支部
    ・仙台市老人福祉施設協議会
    ・東北福祉大学
    ・(一社)宮城県介護福祉士会
    ・宮城県介護福祉士養成施設協会
    ・(公社)宮城県看護協会
    ・宮城県市長会
    ・(社福)宮城県社会福祉協議会
    ・(一社)宮城県社会福祉士会
    ・宮城県生活協同組合連合会
    ・宮城県町村会
    ・宮城県認知症グループホーム協議会
    ・宮城県老人福祉施設協議会
    ・宮城県老人保健施設連絡協議会
    ・みやぎ小規模多機能型居宅介護連絡会
    ・宮城労働局
    ・宮城県教育委員会
    ・宮城県

    2.協議会での取組事業について

    〇部会について
    介護人材確保に向けた方策を検討するため,テーマ毎に3つの部会を設置しています。
    (1)情報提供・啓発部会
    〇介護の魅力向上の取り組み(リーフレット・映像ツール作成等)
    「介護の魅力発信のためのPRツール」
    〇イベントの検討・実施
    「介護の魅力フェスタinみやぎ」

    (2)人材確保・定着部会
    〇県内各地での研修実施(新人職員育成支援・中堅職員キャリア育成・施設管理者対象)
    平成28年度研修事業の御案内
    ・エルダー制度導入支援研修
    ・雇用管理改善事業(法人経営者,介護事業所管理者向け)
    ・キャリアアップ研修(介護事業所職員向け)
    ・小規模事業所サポート・出前研修(小規模事業所向け)
    介護新任職員交流会の御案内
    〇介護職員合同入職式の開催(再掲)
    「介護職員合同入職式」

    (3)職場環境改善部会
    〇介護事業所の人材確保・定着の取組に対する,認証評価制度の検討・実施 など
    「みやぎ介護人材を育む取組宣言認証制度」

    介護士・看護師求人情報

    ■「宣言」「認証」のために介護サービス情報公表システムのHPで確認する項目

    <共通項目(従来からの6項目)>
    1.従業者の健康診断の実施状況
    2.事業所で実施している,従業者の資質向上に向けた研修内容・実施状況
    3.新任職員向け研修計画の策定(対象者有の場合)
    4. 〃   研修の実施記録がある(対象者有の場合)
    5.全ての現任の従業者向け研修計画の策定
    6. 〃    研修の実施記録がある

    <宮城県の独自項目(新設7項目)>
    1.理念・ビジョンの明文化
    2.職員が理念・ビジョンについて理解を深めるための取り組み(ミーティングなどでの確認状況)
    3.職員の就業状況や意向を定期的に確認する仕組みの存在
    4.給与体系又は給与表を導入し,職員に周知
    5.就業規則の作成及び周知(正規・非正規)
    6.仕事と育児・介護の両立を支援する取組
    7.新任職員向け研修計画の策定【再掲】

介護施設の種類や保有資格をチェック

介護のお仕事は、施設の種類や保有資格ごとに内容は異なります。

介護の現場には色々な職種がありますが「名前は知っているけど、実のところ何をしているのか分からない。」と思ったことはありませんか?

勤務中は自分の業務に一生懸命で、なかなか他の人の仕事には目を向けにくいもの。とはいえ、協働するうえでは互いの仕事を知ることはとても大切ですし、もう1度、職種別の主業務について見直しをしてみましょう。

もちろんあなた自身のキャリアビジョンを考えるときにも、転職活動にも見逃せないポイントです!

介護施設への転職を検討されているのであれば、それぞれの特徴を理解した上で、ご希望の施設や職種に転職しましょう。

介護士・看護師求人情報

介護福祉士の転職・採用・募集状況

介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャーの転職状況

高齢者福祉の求人は現在も多く、介護士・ホームヘルパー・ケアマネージャー等の介護の仕事に携わる人に取って転職・就職率は高いです。

一時の不況を抜け出し、日本の景気は全体でみるとずいぶん回復してきました。失業率も年々、下がってきています。それでも全産業でみると、有効求人倍率は1.0を切っています。つまり、求職している人の数に対して、求人募集の方が少ないということです。

そんな中、介護分野に限ってみると、有効求人倍率は2014年度で約1.82倍。しかも、2011年の1.31からずっと伸びてきています。これは、働きたい人よりも仕事の方がどんどん増えている、ということ。介護分野は成長産業といえます。

介護の仕事に携わろうと考えている人にとっては、チャンスも多い状況なのです。

しかし、あなたの希望どおりの転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパー等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。

あなたが転職したい介護関連企業に精通した専門家に相談して、転職を成功させるまでサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職が成功するように必要なアドバイスもしてくれます。

他産業に比べ、有効求人倍率が高い介護分野。求職者にとっては、たくさんの仕事に巡りあえるチャンスです。じっくり求人を吟味して、ご自分に向いた仕事、満足のいく転職を実現させたいですね。

介護士・看護師求人情報

自分にはどの介護の仕事が向いている?

未経験から介護業界で働きたいと思った時、最初に考えるのが「自分に合った仕事探し」ではないでしょうか。


介護と一口に言っても幅広いですし、どの仕事があなたに合っているかは分かりません。しかし職場に関する情報収集を積極的に行えば、興味を持てる仕事が出てきますよね。そのような仕事をいくつか候補にするだけでも、介護士パート求人探しも変わってくると思います。


「何となく介護士パートが出来ればいいか…」と何も考えずに仕事探しを行った場合、職場の知識なく入職することになりますから、結果的に「自分には合わない仕事だった」となてしまうリスクが高くなります。


もともと介護職は離職率が高いというデータもありますので、自分に向いているかどうか? は大切に考えて職探しをしたほうか゜いいと思います。


基本的な条件は共通していても、訪問介護、施設介護、通所介護それぞれに特徴がありますので、まずはこのページで情報収集して下さいね。


介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護士・看護師求人地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ